日々作っているお菓子や教室の様子などを綴っていきます。
       お菓子教室 Sweet Kitchen のホームページはここをクリック。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フレジェと苺
昨夜の教室で作ったケーキ。
「フレジェ」です。

13×13cmのケーキを6個作るのに、バター2ポンド、イチゴ6ケース、牛乳2L近くを使うという、恐ろしくカロリーが高くリッチな贅沢なケーキです。

基礎の2年目クラスの、卒業制作みたいなケーキ。
皆さん、う〜んとうなりながらも、綺麗に仕上がりました。

こういうケーキを作ると、お店で売ってるケーキがいかに手がかかっているかわかりますよね。

その時使ったイチゴがこれ


Lサイズの卵にも負けない大きさ!
フレジェを作るには、ちょおっと大き過ぎます。

突然変異か?はたまた‥‥と疑っていたのですが、今夜謎が解けました。

今夜の教室で、先日長野にイチゴ狩りに行った方がいて、それで判明。

ハウスで1番最初に出来たものは、大きいんだそう。それから、2番3番となるにつれ小さくなるということ。

甘さは変わらず大きさが小さくなる。う〜ん、そうだったんだ〜知らなかった〜

幾つになっても、新しく知識が増えるのは嬉しいものです^^;
スキー(≧∇≦)
1月まで雪がほとんど降らず、ぶーたれていたら一気に降りました笑

ほぼ毎週行っているアラ還おばさんです。

今シーズンテーマは、とにかく怪我しない!!
もう一本と思っても、早めに切り上げる。とか、スタートする時ボーダーの様子を伺うとか。

今更ですが、基本に忠実にを心がけています。

jスキージャムの中腹 標高1000mくらいからの眺め。神様の贈り物みたいな眺めです。


今年はお仲間と行く機会があって、いくら個人スポーツのスキーとはいえ、やはり楽しいな〜と実感。(メットかぶって顔はわかりませんが^^;)
年の差50歳でも一緒に遊べる(≧∇≦)


先週の顔ぶれ。

オペラ歌手のママ そのご長男(日伊ハーフのイケメン中学生)
このD君がすごいのなんのって。

ほぼ初心者のままジャムの中腹に連れて行ったんですが、一回も転ぶことなくビビることなくついてくるのです。

DNAのなせる技でしょうか?今シーズン中には、絶対抜かれてしまう〜



スキー場も昔に比べたら、嘘のようにリフトも楽に乗れます。

ジャムはトイレをはじめとした施設も綺麗。
飲食やカフェも充実。駐車場のほとんどを占める県外のお客さんに負けないで、福井県民 もっとスキーに行きましょうね〜
キャラメルバタークリーム
昨日の教室ケーキ
「ガトー ノワ」クルミを使った4段重ねのケーキです。

クルミのビスキュイにキャラメルバタークリームとクルミのキャラメリゼとガナッシュを挟んで、上にはナパージュとコーヒー液でマーブル模様を描いた素敵なケーキ(^◇^)

これは、ハンパないほど手間がかかっています。
お味は‥キャラメルのほろ苦さ、クルミのコクがマリアージュした美味しさ。

年に1回くらいは、これでもか!というくらい手をかけたケーキも作りたいですよね〜

折しもバレンタイン当日。
写真のケーキは若いプロの料理人Y君が、妹さんのバースデーにデコしたものです。
優しいお兄さんですね〜?


さて、今日はそのキャラメルバタークリームを使ってマカロンを作りました。
ほんとはもっとマーブル模様にしたかったんだけど、中途半端にしか現れなかった泣き


クリームにクルミのキャラメリゼを細かく砕いて入れた特別バージョン。




空き教室のご案内
タルトショコラ最終回

2/18土曜日 19:00〜

黒糖のパンドジェンヌ


2/21火曜日 10:30〜
2/25土曜日 19:00〜


フレジェ イチゴのケーキ
3/4土曜日 19:00〜


基礎 フィナンシェ マドレーヌ スポンジ2種デモクラス
3/13月曜日 13:30〜


2月〜3月はリクエストクラスで、様々なレシピで、私も混乱しながらも笑古いレシピに自分で感動しながら作っています^_^
バレンタイン近し
1月もあっという間に過ぎていきます。
教室ではどのクラスもチョコをたっぷりと使ったケーキばかり。


頂きもののマダムシンコの箱に入れたショコラ タルト。
これがもお、あつらえたみたいな雰囲気で皆で笑ってしまいました笑


ヴァローナ社の「カラク」というチョコを贅沢に使った4段重ねのケーキ。
可愛くデコって満足^ ^

今日の午前中もタルトショコラのクラスでした。
雪もあがり、遠くからもこんな可愛い生徒さんが(^◇^)

お腹の中にいるときからsweet kitchenに来ているベテランちゃんです。
さすが2番目ちゃん、ずーっとお利口さんで最後にちょっとお腹が空いてぐずっただけでした。
おばあちゃんや、その予備軍がいっぱいいるから、安心してまた来てね〜


図書館のお菓子の本コーナーで、赤ちゃんをあやしながら本を選んでいる若いママを見かけると、思わず「うちへおいで」と声をかけたくなる時があります。

赤ちゃん連れで、どこもいけないなあ〜と思ってた若い私を見るようで。
以前にも書きましたが、私の教室は赤ちゃん連れでもOKです。どうぞ一度相談してみてね。
鯖江図書館の料理本コーナーで、赤ちゃん連れママに声かけたらきっと私ですから、怖がらないでね笑
2月レシピ

2月のレシピ
異素材を組み合わせたら、どうなるんだろう?という疑問からインスピレーションを得て、こんなケーキができました。
黒糖、浮き粉というどちらかという和の素材を使っての洋菓子です。

試作段階ではドキドキだったのですが、仕上がりは自分で言うのもなんですが、パーフェクト(^◇^)

黒糖は癖が強いので、配合を加減していい按配になりました。

仕上げもバターリッチなグレーズをかけて。
2〜3月にかけてはリクエストレシピのクラスやいろいろで、私も混乱しそうなので、気を引き締めていきますね笑

黒糖のパンドジェンヌ

2/1水曜日 10:00〜
2/4土曜日 19:00〜


他のレシピ、クラスについてはまたアップします。
1〜2月空き教室のお知らせ
明日から本格的な雪という天気予報‥‥
福井の今冬は、本当に雪が少ないです。スキー場も雪不足で泣いてるという、少しは降ってほしいです。
でも、教室においでになる方はストレスなく出かけられてラッキーかも

1月〜2月にかけての空きクラスをご案内します


タルト ショコラ キャラメルバナナをしのばせて
1/14土曜日 19:00〜
1/21土曜日 19:00〜
1/23月曜日 10:30〜
2/18土曜日 19:00〜


テリーヌ ショコラ
1/20金曜日 13:30〜


エンガデイーナ クルミのキャラメルタルト
1/16月曜日13:30〜



写真はありませんがチョコレートをたっぷり使ったケーキ「カラク」
1/19木曜日 19:00〜
1/27金曜日 19:00〜


レシピ検討中ですが、ちょっと変わった砂糖を使った焼き菓子の予定
2/1水曜日 10:00〜



各クラス空き人数は違うので、お問い合わせください。 また2〜3月にかけては過去レシピのリクエスト教室の予定です。
あれが作りたい(食べたいでOK笑)というレシピがあったら、考えておいてくださいね。
アイシングクッキー 結婚
新年早々、またアイシングクッキーを作っていました。
娘のお友達が結婚すると聞いて、お祝いにちょっと添えようと思って。




ハートは和装を表すのにぴったりです。

練習と思って作っているうちに、楽しくてノってました笑

ちょっとベースを変えるだけで、ドレスも。


シンプルな色の組み合わせで、可愛くなって、も〜お満足^ ^

黒はかなりの色を入れても灰色くらいにしかなりません。今回はベースもかなりの量を作ったので、ブラックココアを入れたら綺麗な黒色になりました。

あけましておめでとうございます
おめでとうございます‥と言っても新年はや4日になってしまいました。

今年もぼちぼちブログを続けていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、もう昨年のことになるけれど、大晦日はすごい体験をしてきました。
というカウントダウンコンサート。
越前石株式会社さまの100周年事業とのことでした。
美浜の声楽家 野原広子さんのことは何度かブログに書かせて頂いていますが、年の瀬になんと凄いパワーのある企画。

この日は昼から年越し蕎麦うちや、紅白を見て私以外みんなほろ酔い気分で「え〜行くの〜?」
という声を無視して夜10時に出発!

普段は閉鎖されて、こんなチャンスでも無ければ一般人は入れないそうです。

入り口は高さ2mほど。そこを恐る恐る入っていきます。


このボリューム感は行ってみないとわからないと思うけど、まるで映画の1シーンのよう。

そこにイタリア ファッツオリのピアノを運び込み、野原さんのソプラノに川村さんのピアノ、。
もう、このピアノをどう運び込んだか知るだけでびっくり。
なんと脚を外して足場を作って運び込み組み立てたそうです。
ショパンコンクールにも使われたピアノ、まさか福井のこの場所で鳴らされようとは思わなかったでしょうね。



笏谷石は、水に濡れると青く美しくなります。
教室のキッチン外側もこんな。
亡くなった義父が、よく自慢していました。


笏谷石採掘に関わった方の話、まるでイタリアの古い教会で聴くような柔らかい音色が響くコンサート。
最後は会場みんなでカウントダウンで新年を迎えました。

正直、忙しい大晦日に行けるかな?と思っていましたが、行って大大正解。
こういう場所は、福井のお宝ですね。安全上、そう簡単には一般公開されないと思いますが、例えば石ホテル、石カフェ、ロケなんかに使ってもいいだろなあ〜と妄想した2016〜2017年の年越しでした。
お正月和柄アイシングクッキー
教室も終わり、仕事も終えてなんだか静かな年の瀬。
気ばかり焦ってサボってこんなことしていました。


先日作ってみて可愛かった和柄アイシング。

今度はこんなの


クッキー型はむしろシンプルなのがなんでも描けます。
色数を揃えないといけませんが、2、3色でもできます。

白地に赤の熨斗だけで、充分和の雰囲気と気持ちが表せます。 ベースはデイップの手法を使えば簡単でした。
薪ストーブで焼き野菜
クリスマスの今日、空は見事に晴れ渡り北陸とは思えない!
雪だったらジャムに行こうと思っていましたが、残念。

せっせとカーテン洗ったりお掃除三昧、それも年末らしくていいです。

先日、福井市西谷町 グロッソで頂いた焼き野菜が素晴らしく美味しかったので、うちの薪ストーブでなんとかできないかと、今日は実験してみました。

ネットでキーワード入れてもヒットしないので、経験と勘で行ってみよー

野菜は


主人の発案でストウブ鍋の底に少し水を入れて、オーブンペーパーを大きめに切って、そこへ軽く塩こうじで和えた野菜を投入


ペーパーで覆って、いわば蒸し焼きにしちゃおう。


炉内はおき状態。温度計は210度を指しています。
最初10分で様子を見たけど、まだ固かったので結局都合15分かかりました。

バーニャカウダソースは今回はこれで
右はキューピーのお手軽ソース 左はお高い笑京風バーニャカウダソース


何もつけずに食べても、野菜の甘みが感じられて美味しい!


向く野菜は、ブロッコリー、赤カブ、パプリカ、ブラウンマッシュルーム、お高い満願寺唐辛子や芽キャベツはそれほどでもなかったかな。要するに旬の野菜が美味しいということですね。

野菜探しに3軒のスーパーを回って挑んだ(大げさなw)焼き野菜。
あーでも、グロッソのような石窯が欲しいと思ったクリスマスの夕餉でした。