日々作っているお菓子や教室の様子などを綴っていきます。
       お菓子教室 Sweet Kitchen のホームページはここをクリック。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お道具シリーズ フープロ
秋はタルトの季節。そして野菜の頂き物が多い季節でもあります。

そこで大活躍するのがフードプロセッサー略してフープロ。
頂いたサツマイモ。秤にかからないくらいのビッグサイズでした。
カットして

厚手のビニール袋に入れて
電子レンジの根菜茹でるキーで火を通します。

家庭用より大きな業務用のフープロですが、2回に分けてペースト状にしました。
これを1個80gに分けてパッケージして冷凍ストックします。

シフォンやサツマイモフィナンシェ。飴色玉ねぎストックですぐスープもできます。
カボチャも傷まないうちに同じようにしてOK。

これは普段使っているキュイジナートのフープロ。
タルトの生地を作るのが、あっという間です。

教室用のタルト生地を作るのも重宝しています。
アーモンドクリームも同じようにできます。
今月の教室で、詳しくお話しています。
フープロは場所もとるし、なかなか手が出ない家電だと思いますが、使いこなせばこんなに便利なものは無い!

使いこなすコツは?と聞かれたら「出しっ放しにしておくこと」とお答えしています(笑)
50年まえのレース編み手さげ
暑くなったり、また寒くなったり毎年のことながら5月は着るものに困ります。

ぼちぼちクローゼットの入れ替えしては自称笑断捨離の日々。
奥の方をゴソゴソして、お宝発見しました!

おそらく50年以上前に、祖母が編んでくれたハンカチ入れと手さげバッグです。

固く編んだ編み目‥そういえば、ちょっとキツイおばあちゃんだったな(笑)なんて思い出しました。


50年たってもほつれもほとんど無いし、何よりデザインがぐるっと一回りして新鮮でモダン。

思えば、おばあちゃんはいつも手を動かしている人でした。

私もいろいろ作った物を、50年後に孫が手にとってくれたら〜なんて妄想が湧いてきました!
カスタマイズ
連休初日 いいお天気でした。
お天気に誘われてお買い物(^◇^)

今年は刺繍が流行ということで、こんなTシャツを買いました。
杢グレーに可愛い刺繍。これで充分素敵なのですが、空いた花芯にビーズを埋めようと思い立って。

昔せっせとやっていた手作りの名残で、ビーズストックもあることだし。

先ずはなんと無く置いてみました。
手持ちビーズだけなので、色が揃わないのはご愛嬌です。


あとは縫いながら足したり引いたり。

最初の何もない方が良かった?笑

いえいえ、年をとったら首元キラキラで相手の目を眩ませなくっちゃ笑

久しぶりの針仕事。
ほんの少し手を加えるだけで、世界に一枚のTシャツになって満足な連休初日の夜でした。
リメイク ネックウオーマー
11月に入ってから、なんだか妙に暖かい日が続いています。困ったなあ〜スキー場に雪が降らないじゃないですか(ー ー;)

去年、ボーダーにぶつかられたスキーウエアはゲンが悪いので新調して待っているのに。

今年は暖冬?と天気予報に突っ込む日々です^ ^

でもお天気がいいのはありがたいこと。ぼちぼち断捨離もどき、片付けをしていたら見つけたのが

娘達が小学生のとき使っていたマフラー。長女が使って、次女にお下がりする時かぎ針で編んだ花をつけていたんですね。マメな過去の私(笑)
何回も洗濯したので、だいぶくたびれているけど、捨てられません。

そこで新調した地味な(笑)ウエアに合わせてネックウオーマーを作ってみました。
作るっていうほど大層なものじゃないんですが‥


長さを半分に切って、はじに面ファスナーを付けただけ。
5分で完成です^ ^


一応ちょっと工夫して、受けるほうを倍にしました(^-^)/
こうするとゲレンデで寒い時など口元まで覆えます。


1本のマフラーから2本のウオーマー。材料費は600円。なんかお得感ありますね。

生地がだいぶ古いので、おそらくそうはもたないでしょうが。そのまま捨てるより、少しでも使ってからのほうが胸もいたみません。

娘達の小さい頃を思い出して、一緒に滑る気分になれるかも?
やっぱ雪乞いですね(笑)

冬の手作り
今日は久しぶりの晴れ。春の息吹が感じられました。

でも、まだ油断は禁物。きっともう何回か雪が降るでしょう。好きですけどね♪雪。
そんな冬は、何故か手作り熱がやってきます。

今年は特に、怪我で大人しくしている期間が長かったのでついこんな本を買ってみたり

キットを買ってみたり

因みにこれは自己流で作ったカルトナージュ。中の芯はお弁当箱です。

数年前に熱中したモチーフ編みの残り毛糸を出してみたり

こんな物を編んじゃったり


そしてとうとうフェリシモ初買い(笑)

モチーフ編みのキットを申し込んでしまいました。
一年間で108枚のモチーフができるという‥‥何を作るんでしょう?私?

まあ、お菓子と同じく小さい頃から何か作るのが好きです。
先日おもいたって昔愛読していた「手芸の友」(絶版)という本を買おうと思ったら、なんと3000円ほどしていてびっくり(°_°)同じようなこと考える人がたくさんいらっしゃるんですね。

さて、ようやく物を動かせるくらい回復したので気になっていた玄関に

お雛様を飾りました。
今年は壇を組めないので、せめてお内裏様だけでも。
その横には

吊るし雛。これはもう10年くらい前に友人と作った思い出深い品。
春にはその友人が主催する会の展示が予定されています。また詳しくわかったらお知らせしますね。必見の素晴らしさですよ。

目もかすみ手もだんだん動きが鈍くなりますが、死ぬまで何かしら作っているんだろうな〜
冬が近づくと第2弾!
全ては、昨夜この箱を覗いたことから始まりました

捨てるに捨てられない、好きなテイストの布たち

数年前これでテイッシュケースを死ぬほど作って(大げさな)ばら撒きました(笑)

今回は何故か鍋敷き(^◇^;)

生地を使い切りたいので、まずは端布を縫い合わせることから




色合わせを考えながら、ひたすら縫い大きなサイズにします

それをカットしてキルト芯と縫い合わせて出来上がり

非常に大雑把な作り方ですが、細部を目打ちを使うと仕上がりが綺麗



着けたリボンもケーキ屋さんやお酒の箱に着いていたものをとっていて、それを再利用

つくづくおばあちゃん根性です(笑)

今日はお天気も悪く、主人も居ない(笑)
ので、一日中ミシンを出してテーブルを占領して手作り三昧(^∇^)

古いクッションカバーが色褪せてきたので、古いタオルと合わせてマットにしたり

10年以上気に入って着たセーターをクッションカバーにしたり

カットした袖部分に2個穴をあけて、なんちゃって太郎のベストも(≧∇≦)

すっかり大きくなった次郎の方が存在感あり過ぎ



そして、昭和な丸椅子の椅子カバーをゴージャス冬バージョンにしたり


普段は一日ミシンを出しっぱなしなんて出来ない

ひたすら好きなことができて、今日はいい日だった!

犬服にも目覚めそうだから、これは困ったことになりそうな予感(・ω・)ノ



冬が近づくと
冬が近づくと燃えるもの?

それは私の場合、手作り熱なんですね^_^

日が落ちるのが早くなり、秋の夜長何をするかと言ったらお菓子作りかミシン仕事

と言っても型紙無し、思いつくままのB型手作りです(笑)

先日こんな可愛いレース生地を買ってしまって、何か形にしようと思った訳


まずは冬の必需品アームバンド
裏地にゴムを伸ばしながらミシンをたたき、端を縫い合わせるだけ

水仕事もテンション上がりそう(^○^)


薔薇の膨れ刺繍のある生地は、バッグにしようと思っていましたが、濃いピンクの生地があったのでクッションカバーにしよう!

これもアバウトなこんな断ち方で

今あるカバーをのせて、おおよその縫い代を測っています

このパッチワークカバーも作って15年以上たって、あちこちほつれてきたから何かにリメイクしよう

ファスナーもストックのブルーですが、この際気にしない

いい差し色と思えばね!

実は台所の扉の一つに、こんな風に手芸用品をストックしています

だいぶ整理したけどどうして捨てられない端布やファスナー、リボンにボタン

人が見たらガラクタなんですけどね(。-_-。)

でもそんなお宝の山が、時々いい仕事の手助けになるんです

足りない幅ははぎ合わせ

ピンクにブルーというキッチュな色合わせ



で、こんなカバーができました

なんかロシアのおばあちゃんの椅子にあるクッション、っていう感じがして

手作りのお気に入りが身近にあると、なんだかほっこり温かいものです
御殿鞠
久しぶりに御殿鞠を作りました





ちりめんの吊るし飾りを作った時以来です

思い出せば小学生の時に、母や祖母に教えてもらったベースがずっと体に染み付いて

久しぶりにしようと思っても、手が覚えていて勝手に動いてくれるから不思議です

何でも手作りはそうですが、鞠作りも準備に手間がかかります



手芸屋さんで売っている発泡スチロールのの球形に糸を巻いて

地割りという刺すための区割りをします

赤い鞠が綺麗にできて気をよくして、ちょっと難しいのにチャレンジ中



でも、ちょっと手こずっています(・・;)


年と共に目が効かなくなってきて

細かい手仕事が難しくなってきましたが

これは糸も針も太いので、何とかできそうです

図書館でこんな本を見つけて意欲亢進(≧∇≦)

いい本を見つけたので、しばらく凝ってみますね〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
つるし雛
今日から二月

寒いけど、春の気配もしますね

我が家の野鳥餌場には、まだ鳴かないけど鶯も飛んで来ています



お正月に玄関に飾ったつるし雛

雛の季節まで、この季節に出して楽しんでいます

これは5年くらい前に作りました

その前から、このような飾り物があるのは知っていました

友人と作りたいね、とずっと言い続けていましたが

ある時に実際に見る機会がありまして

一念発起
2人で作り始めたのでした

私は二年くらいかかったでしょうか

完成した時は、飛び上がるほど嬉しかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

女の子の幸せを願って、福岡柳川や伊豆で昔から作られているそうです

古い着物地に芯を張って、生地を裁って縫って、飾りをつけて‥という手間がかかります

思い出の生地も生かしました

姉様人形の着物は私の小さい時の振袖

犬張子の背中のかけ布は、実家の母の半衿でした




草履
一生履物や着るものに困らないようにという願いが込められています




蓮の花
姑のショールがシミが浮き出ていたので、使いました






毬も小さい時に母に習っていたので、図書館で本を借りて思い出しながら刺してみましたv(^_^v)♪




作っている間はとても大変でしたが、工夫を凝らすのが楽しかった(^ω^)


全部で49個

人生50年の時代

女性は一歩控えて49年幸せに過ごせるようにという意味で49個


春三月には、鯖江でこのつるし雛をはじめちりめん細工の展示があるそうです

手仕事が好きな私は、いろんなテクニックの集大成みたいで楽しみました

展示会の詳細はわかったらまたお知らせしますので、ぜひ鯖江に見に来てくださいね





ニットで遊ぶ
今日は久しぶりに晴れて、寒いけど冬らしいキリッとした日です

教室も一段落

やるべき仕事や注文のケーキはあるけど、今日くらいはのんびり(^_^)です


先日からちまちま編んでいたiPhoneケースを一気に仕上げよう(^O^)

いろんな色の毛糸を眺めているだけで、ほっこりあったかい気分になりませんか?

これは夜の私の定位置
30年くらい前のカリモクのロッキングチェアーです

張り地がいたんでいたので、3年ほど前に福井のレソファさんで修理張替えをして蘇らせてもらいました

ストーブを後ろにあったかい(^^)






iPhoneケースを、というけど私は持っていないので、持っている方にサイズを図らせてもらいました

モチーフの編み図だけであとはまったく自己流&フリーニッテイング

いい加減ともいいますね(笑)



サイズ調整をしながら何と無く形になってきました

そうだ!ふたもつけちゃえ!

これまた適当に編んで



まてよ?ニットにiPhoneでは毛糸の埃がつくかも?

と思いメガネ用クロスで内袋もつけてみよう

こうやってどんどん進化変形していく訳です(^^;;



今日は朝いちばんに仕事の打ち合わせ

その後空いた時間で一気にチクチク





まったくオリジナルを一つ仕上げるまでは、大変だけど

この試行錯誤がとにかく楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ


ニット熱に火がつくか

アイシング熱に火がつくか

予断を赦さない状況に‥‥

年末なのに!!