日々作っているお菓子や教室の様子などを綴っていきます。
       お菓子教室 Sweet Kitchen のホームページはここをクリック。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
パリ ブレスト
4月後半の先週は、ほぼ毎日のように教室がありました。
メインクラスは和菓子

2クラスのみ「パリ ブレスト」というお菓子。
パリ ブレスト間の自転車競技開催を記念して考案されたというこのケーキ。
基本はシューですが、そこへ3種のクリームを詰めていくケーキです。
カスタード、プラリネ入りのホイップ、コーヒー風味のバタークリームと^_^

これ全部作っていたら、時間がオーバーしてしまうのでプラリネとバタークリームはレシピだけあげて私が作る方式。それでもみっちり濃い内容の3時間でした。

出来上がったパリ ブレスト。


これから撮影会を待つパリ ブレスト達笑


途中皆さんから「こんな量のクリームが入るんですか?」と疑問の声があがったクリーム、入るんですよ〜

レシピを決定する時は、皆さんが作れるテクニックで、とか不足が無くきちっと使い切る分量で、とか結構悩みます。
これが私のボケ防止に役立っているかも笑

あ、実は1クラス、苺のフレジェのお約束をしていたらしいのですが、私が勘違いでパリ ブレストを準備してしまったんだった!
ダメですね(≧∇≦)
教室は次回の日にちとレシピをお約束して終わるのですが、時々おしゃべりに気をとられてこんなウッカリミスをする時が‥‥
そんな時は厳しいご指摘をお願いします。
各クラスとも少し難しいのが続いたので、来月は楽しく仕上がり可愛いのを目指して連休中試作に励みますね。
エスコヤマ4月教室
今週はせっせとお勉強週間です。
今日は三田エスコヤマへ〜

5月は休講なので、今月はどうしても行きたかったのでした。

ヴァローナの日本未発売いえ、まだ市販されていない「アゼリア」というチョコレートを使った
「エキゾチックF」

ダックワース、アゼリアのガナッシュ、酒粕のクリームブリュレ、ムースショコラ オレ、ムース エキゾチック、ミルクチョコのグラサージュショコラ!!!というケーキ。
酒粕は4年熟成。私も頂いた酒粕を熟成中‥といっても常温でほっておくだけなんですけど笑

ほんの少ししか入ってないのに、嫌じゃない酒粕の風味が醸し出されて美味至極です。

試食のプレート

もう1品はペコリーノチーズ(羊乳のチーズ)のパウンドケーキ。
ちょうどエスパスキンゾーでもキャトルカール=パウンドケーキ習ったばかりなので、理解が深まりました。



教室の様子。もちろんオーブンはバッケンです。
エスパスでもお菓子にはやはり平釜のバッケンいいとお聞きしたばかり。
欲しいな〜バッケン‥
でもね、皆さんお家で再現する時にオーブンが違うと戸惑うでしょ?

ただでさえお菓子には道具や型がいるので、せめて家庭用オーブンでも美味しくできる方法を考えてお伝えするのがいいのかなあ〜と思っています。

今月〜来月は空きのあるクラスが少なくなりました。
若干名空きのあるクラス次の通りです

和菓子
4/19 水曜日午前10時〜
4/20 木曜日午後1時半〜
4/25 火曜日午前10時半〜
5/6 土曜日午後7時〜

ビスキュイのロールケーキ(試作中)
5/17 水曜日午前10時半〜
エスパスキンゾー 4月教室

先月に続き、4月も京都エスパスキンゾーに行ってきました。残りあと6回。
できるだけ通って西原先生の貴重な講習を受けるつもりです。


3月は「ポワソン ダブリル」「サントノーレ西原スタイル」でした。

あえてサントノーレのシュー生地を四角に焼くというシェフのこだわり

ポワソンダブリルも

パイでは無くシュクレ生地とアーモンドで表現。

まさにルセットを超えて、ですね。

今月もそんな工夫やこだわりがいっぱいの授業でした。

苺では無くあえて冷凍のベリーを使って

この緑色。普通はピスタチオ?と思いますがなんと!!木の芽だったんですよ〜

これを焼いたキャトルカールの上にかけて


こんな試食のお皿になりました。

以前から、惜しみなくいろいろ教えてくださる西原先生ですが、9月に最終を迎えるということで授業にも気迫が。
何故そうなるのか?漫然と考えず追求してというようなお話がすごく腑に落ちます。

最終月の最終回、もう予約してしまいました。
来月30日は、この素敵なサロンにsweet kitchenみんなで行ってきます。
(旅行はもう定員に達しました)

10年近く通わせてもらって、お菓子に対する考え方に薫陶を受けた教室、参加される皆さんは楽しみにお待ちくださいね。
和菓子教室 夜の部
今日は雨の日曜日。せっかくの桜、早めに散るんじゃないかと心配です。


最終スキーは行けなかったので、雪崩に巻き込まれないか心配してた皆さんはご安心ください(笑)

昨夜の和菓子教室の様子
FBで名前を募集した花手毬を作っているところ。和菓子は手を動かさないとできません。
花びら型に抜く水羊かんを、おすきな色で

皆さんのセンスでシックなのや、可愛いのやいろいろできました。




今回はパッケージプラザで見つけたお箱も用意しましたよ。薄い木でできていて和風な雰囲気が出ますね。


桜のカステラもぴったり入る箱もありました。

今回は10年以上通って下さった方が卒業されたり、お近くの方が新しく参加されたり。
春だなぁ〜って
いろんな方が集う交差点であり続けたいと思っているので、卒業された方もいつでもウエルカムだし、新しく何か始めようと思っている方も、メンバーみんなでウエルカムです!

シフォンナイフ

新しいシフォンナイフを手に入れました!
今巷で話題のスノウカフェさんで。
<スノーカフェ>
福井市 荒木新保町31-21
090-9769-5222
工学博士の渡辺さんが作る絶品のシフォンケーキと珈琲焙煎のお店です。

そこで頂いたシフォンのあまりの綺麗さに、清水の舞台から飛び降りました笑

早速シフォンを焼いて、今日の教室でお披露目!


いつもよりキンチョーしてます(笑)丁寧にナイフを動かしていくと‥
き、綺麗に抜けた!




これは、前から使っているナイフで抜いたもの。
なめらかさが全く違います。
渡辺先生に直接レクチャーして頂いたおかげで、コツが良くわかり今までないくらいの表面のなめらかさです。
渡辺先生は、シフォンをとことん追求していらっしゃるので、抜くナイフにもこだわって、タケフナイフビレッジと試行を重ねてこのナイフができたそうです。

理論と実践を重ねて、日々進化をされています。
以前は注文のみでしたが、上記のカフェでは焙煎コーヒーと、このこだわりシフォンがいただけます。行ってみてくださいね。


抜いたシフォンをお茶のお供にしました。

弘法は筆を選ばず言いますが、選びました笑
弘法じゃないし(-_-)
たかがナイフ されどナイフ。

エスコヤマのチョコレートナイフも福井の会社とコラボして作ったそうだし、今回のこのナイフもさすが福井!!という出来でした。
最近作ったお菓子‥‥
最近といっても、ほぼ毎日何かしら作っているんですけどね(笑)
大量のアイシングクッキー(≧∇≦)
春のお祝い事で、いろいろ作りました。
お名前いりクッキーは、近ごろお気に入りデザイン。シンプルな熨斗スタイルですが、名前が入るとオリジナルの雰囲気でますね。
赤白はやはり究極の組み合わせって思います。
足跡肉球クッキーとか笑

いずれもお礼の気持ちを込めて贈られました。

お誕生日ケーキ。苺の旬なので、フレジェにしました。
上のマカロンも色違いでストックしてたので、クッキーも添えてなんか大人な雰囲気なったと満足^_^


これは明日の女子会(笑)用に作ったもの。思い切りガーリーに、スタイルもいろいろで。
きっと余興の後で選んでもらうと思うのですが、どんなのを選ばれるか私も楽しみです。
4月レシピ
3月も下旬、風は冷たいけど春ですね〜
春のイベントやお花見の予定、そろそろ決めないと!ですね。

4月のレシピ
桜の浮島風カステラ

桜の塩漬けの塩気が味を引き締めて、緑茶にあいそう。
見かけはパウンドケーキみたいですが、バターや油分を使わない和菓子です。
案外簡単にできるので、もう一品


名前未定笑

これはもう立派な和菓子。
先日、東京で可愛い和菓子を習ってきたので、教室でできるようにアレンジしてみました。


餡から炊くと、とてもハードルが高い和菓子ですが、市販の美味しい餡を使って自分でできるんです。

空き教室

和菓子
4/8 土曜日19:00〜
4/15 土曜日19:00〜

黒糖のパンド ジェンヌ

3/23 木曜日13:30〜
3/25 土曜日19:00〜
3/29 水曜日10:30〜

黒糖や餡なんて、最近ちょっと和の傾向に引っ張られてるかも?
世界でも注目の「和」ですものね。これからも、トレンドをキャッチしてレシピ考えていけたらいいな〜って思っています。

上記以外にもクラスはあるので、4月から来てみたいという方は、お問い合わせくださいね。
マカロン 割れ鍋にとじぶた
明日で2月も終わり、今年の春は早そうですね。


教室で大量の卵黄を使うフレジェのクラスがあって、卵白がまた大量に余ってしまって恒例のマカロン作りに励んでいます。

マーブルにしようと思ったけど、ちょい思い切りが足りなかったの巻。



今日は焼き時間温度をいつもよりほんの少し多めにしたので、微妙に焼き色にムラが。

フィリングをずんだバターにしたので、ウイルトンの緑に黒を混ぜて色だししました。
毎回マカロン作る度に思うのですが、市販のマカロンのサイズが揃っているのがスゴイ!

調子を揃えて絞るように気をつけていても、どうしても大きさがバラバラになります。

そこは、もったいない感覚が強い主婦だから笑
最後まで絞りきると、こんなにチビもできます。
でも、あら不思議。
必ず合う相手がいるんですね。私は1人で勝手に「マカロン 割れ鍋にとじぶた現象」と呼んでいます(≧∇≦)

なんかお菓子を作りながら、しみじみと人生を感じたりして‥‥笑



お相手もバッチリ決まって、可愛いマカロンができました!
フレジェと苺
昨夜の教室で作ったケーキ。
「フレジェ」です。

13×13cmのケーキを6個作るのに、バター2ポンド、イチゴ6ケース、牛乳2L近くを使うという、恐ろしくカロリーが高くリッチな贅沢なケーキです。

基礎の2年目クラスの、卒業制作みたいなケーキ。
皆さん、う〜んとうなりながらも、綺麗に仕上がりました。

こういうケーキを作ると、お店で売ってるケーキがいかに手がかかっているかわかりますよね。

その時使ったイチゴがこれ


Lサイズの卵にも負けない大きさ!
フレジェを作るには、ちょおっと大き過ぎます。

突然変異か?はたまた‥‥と疑っていたのですが、今夜謎が解けました。

今夜の教室で、先日長野にイチゴ狩りに行った方がいて、それで判明。

ハウスで1番最初に出来たものは、大きいんだそう。それから、2番3番となるにつれ小さくなるということ。

甘さは変わらず大きさが小さくなる。う〜ん、そうだったんだ〜知らなかった〜

幾つになっても、新しく知識が増えるのは嬉しいものです^^;
キャラメルバタークリーム
昨日の教室ケーキ
「ガトー ノワ」クルミを使った4段重ねのケーキです。

クルミのビスキュイにキャラメルバタークリームとクルミのキャラメリゼとガナッシュを挟んで、上にはナパージュとコーヒー液でマーブル模様を描いた素敵なケーキ(^◇^)

これは、ハンパないほど手間がかかっています。
お味は‥キャラメルのほろ苦さ、クルミのコクがマリアージュした美味しさ。

年に1回くらいは、これでもか!というくらい手をかけたケーキも作りたいですよね〜

折しもバレンタイン当日。
写真のケーキは若いプロの料理人Y君が、妹さんのバースデーにデコしたものです。
優しいお兄さんですね〜?


さて、今日はそのキャラメルバタークリームを使ってマカロンを作りました。
ほんとはもっとマーブル模様にしたかったんだけど、中途半端にしか現れなかった泣き


クリームにクルミのキャラメリゼを細かく砕いて入れた特別バージョン。




空き教室のご案内
タルトショコラ最終回

2/18土曜日 19:00〜

黒糖のパンドジェンヌ


2/21火曜日 10:30〜
2/25土曜日 19:00〜


フレジェ イチゴのケーキ
3/4土曜日 19:00〜


基礎 フィナンシェ マドレーヌ スポンジ2種デモクラス
3/13月曜日 13:30〜


2月〜3月はリクエストクラスで、様々なレシピで、私も混乱しながらも笑古いレシピに自分で感動しながら作っています^_^