日々作っているお菓子や教室の様子などを綴っていきます。
       お菓子教室 Sweet Kitchen のホームページはここをクリック。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018最後の教室
今年も後4日。え!まだ年賀状が‥‥
と焦りながら、今日で2018最後の教室でした。
お勤めのお休みが取れた方と、冬休みのお子さんと一緒の方とで、お正月用のクッキーを作りました。



生地もアイシングもこちらで準備して、焼いて楽しむことに専念してもらいました。
お家でパッケージして、年末年始に配れますね〜


残った生地を見ているうちに悪い癖がむくむく(笑)
で、結局こうなって

頼まれた訳じゃないのに、夜なべ仕事になってしまいました。

いやいや?楽しい夜なべです?

いつも犬をカットしてもらうトリマーさんや、綺麗な大根を下さった方や、雪の中の配達の方へ、プチプレゼントでさしあげようと思っています。
そして、もう残り少なくなってきたので、今夜も夜なべになりそうな予感が‥( ´∀`)
12月後半〜1月 教室のお知らせ
今年も残すところわずか。平成最後の年末ですが、いつものように慌ただしく過ぎるばかりです(汗)

年末まで、教室ではこれを作っています。


かくれんぼケーキ。クリスマスバージョン。


今日は、お久しぶりの方もいらっしゃって賑やかなクラスでした。
生地のカラーもいろいろ準備して、テンション上がる作業でした(笑) カットするごとに違う色や形が表れる、サプライズケーキです。
「かくれんぼケーキ」
12/21 10:30〜
12/21 19:00〜満席
12/25 10:30〜


以下はバレンタインバージョンになります。
1/23 10:30〜
1/30 10:30〜

「アップルパイ」

1/19 19:00〜
1/26 19:00〜


他に特別クラスとして、お年賀クッキークラス。生地は私が用意して焼くだけの作業になります。
12/27 10:30〜
年末ですが、可愛いお年賀クッキーを作りにいらして下さい。
通常クラスとは違うので、参加希望の方は私宛にご連絡くださいね。


齋藤由貴子先生の「カルトナージュ 懐紙挟みを作る会」
1/24 10:00〜
13:00〜


年末プレゼントとして、皆さんにsweet kitchenオリジナル懐紙を差し上げています。
それを入れる物を作りましょうという会です。
齋藤先生にご指導頂いて自分だけの懐紙挟みを作りましょう!
クッキーでクリスマスリース

クリスマスが近くなり、いろいろそれっぽいものを作っています。
プレゼント用にオーダー頂き、4枚詰め合わせて作ったクッキー。
全部で11セット作ったので、結構な量のアイシングを使いました。
赤の色を出すのが、難しい(・・?)

量が少ないとピンクになってしまいます。

そして今日はクッキーでリースを作っていました。
抜いた生地に竹串で葉脈をつけて、バランスを見て重ねて焼きます。

今回はプレーンとスパイスの2種の生地ですが、焼くとわからない(苦笑)
メープルやカエデの型でも抜いたんだけど、重ねるとわからなくなってしまった!


全体にアイシングを施しました。
後で粉糖を振るから、あまりがっちりアイシングしない方が雰囲気がでます。




直径18cmくらいのリースができました。
もうひと回り小さいサイズも作ろうかな。
クリスマスはテーマやイメージが決まっているので、作るのも楽しいですね!
近頃作ったモノ

秋も深まってきて、気候の安定しているこの頃、アイシングクッキーを焼く機会が増えています。

一時はあちこちでアイシングレッスンを習っていましたが、また自己流に戻ったけど楽しく作れればいいかな!って開き直って(笑)

上は、パーティにお招きしていただいた際の心ばかりのお祝いの気持ちで作りました。
差し上げる人を思い浮かべ、ティファニーブルーにしようと思ったけどちょっと濃くなり過ぎた?


結婚式のプレゼント用にとオーダー頂き作りました。

作っているうちに柄やデザインも変えて、と凝りはじめて(苦笑)
喜んでくださる顔を思い浮かべると、つい頑張っちゃうんですね。
時間はかかりましたが、楽しい作業でした。

そして、今日習ってきたクッキーボックス!

ボックスも中身もぜーんぶ食べられます。



生地をのして、抜いて、色をつけて小さな型で抜いて‥‥とても細かく大変な作業でしたが、出来上がりが可愛すぎて、自分で胸を射抜かれています(笑)

クッキー缶教室も大変でしたが、今回はその比じゃない。
これは下迫綾美先生のレッスンでした。
これを教室で再現するのは、ちょっと不可能な。
でも色をつけたクッキーの可愛さが半端ないので、何かの形で、例えばタルトに取り入れたら可愛いなぁと妄想始まっています(笑)

ラッキーな方は、教室のティータイムの時間にこのクッキーボックスをみて召し上がっていただけます。
お楽しみに!
ゴルゴンゾーラあるいはブルーチーズ
このところ、狂ったように(笑)ブルーチーズケーキを作っています。

3年ほど前に、教室でご紹介したレシピです。

ボトムにココナッツを入れて、フィリングにはパイナップルのキャラメル煮を入れて、上にたっぷり松の実とひまわりの種をふって。
肝心の生地にはゴルゴンゾーラのドルチェタイプが入っている、もうこれでもか!という濃厚チーズケーキです。
これを作ってというオーダーで、久しぶりにレシピ見た私でさえ、何この濃さは?とびっくりしたほど。
でも、やっぱり美味しい美味しい!
で、このところ、いろんなブルーチーズを買って試しております。
ゴルゴンゾーラはイタリアのブルーチーズ。かなり癖がありますよね。
フランスには、羊の乳を使ったロックフォールというチーズがあるらしい。
ゴルゴンゾーラより、癖があるらしい。お酒屋さんのおつまみコーナーで、ふと手に取ったこのチーズ。

「ブール オーヴェルニュ」
ふむふむ、なんでも牛乳を使ったフランスのブルーチーズですって。
マイルドさが売りらしい。
これを使って、また作ってみたらあら不思議、誰が食べても、もの凄く美味しい!という味になりました。
先週の日経土曜版でも、チーズケーキベスト10の中にブルーチーズのケーキがいくつも入っていました。
評でも、以前は無かったことと書いてある。
来てる?ブルーチーズ?
3年前に、レシピ作った私って早かった?と自画自賛中です(笑)

月曜日、友人のお骨折りで半年先まで予約の取れない金沢の「貴船」に行ってきました。
目にも綾な、食べて美味しい素晴らしいお料理でした。
その中にも
ゴルゴンゾーラが

手前左の小皿の白いお饅頭のような一品。
里芋饅頭の中にゴルゴンゾーラが忍ばせてありました。
デザート。柿のコンポートの上にゴルゴンゾーラアイス。
和食に、癖のある素材を巧く馴染ませてあって、脱帽でした。
お菓子に使うなら、ゴルゴンゾーラ ドルチェまたはブール オーヴェルニュが良いと思います。
食べたい方はオーダーしてくださいね。
教室のお茶タイムのオヤツにも、今はこのチーズケーキをお出ししています。
復習パウンドケーキ

先週、下迫綾美先生のサプライズケーキのレッスンを受けてきました。

数年前、アイシングレッスンを何回か受けて、生地の美味しさと飾り付けのセンスに魅了された先生です。

これはもう5年以上前に習ってきたホワイトアイシングクッキー

もうこんな細かいことできないわ記念でとってあります(笑)

今日は復習してみました。
生地はプレーンにして、なおかつ材料を余らせないケチンボ根性で、一気に2本のパウンドケーキ完成。


やった!やった!ハートを焼き込んでみました。


クリスマスっぽく、ツリーやヒイラギも。
あまり細かい模様は出にくいので、ハートなど、わかりやすい形がいいようです。
この隠れた生地によって、クリスマスバージョン、バレンタインバージョン、春のケーキなどいろいろできそう。
生地を無駄なく使うアイデアと合わせて、教室でご紹介したいと思います。
されどアップルパイ
たかが‥されど‥という言い方があります。
アップルパイなんて、正にこれじゃないでしょうか。
来月のレシピはアップルパイ。
リクエストで。決めたのはいいけど‥
実はちゃんと作ろうと思うとかなり手間がかかります。なのにコンビニとかで安く普通に売っているアップルパイ。
折り込みパイ生地から作ろうと思うと、皆さんに泊まり込みできていただかないと(笑)
でもスーパーで売ってるパイ皮を使う気は無いし。
ということで、生地は速成折パイ生地。林檎はキャラメルで炊く方法にしました。

形は敢えてショッソンパイで。バレエシューズをショッソンといって、それを折りたたんだ形からネーミングされたそうです。

最初はもっと焼き色をつけていたのですが、昭和な私が食べやすいように少し焼成を控えました。

この艶々は、ちょっと秘密の仕上げ方で。美味しそうなビジュアルもとっても大事ですね。
大きなパイ皿も考えたのですが、編み込みしているうちに生地がダレそう。
それに、このスタイルは永平寺の某有名店みたいでしょ。
余った生地で、なんちゃってリーフパイもできます。
お家で作る場合は市販のパイ生地でもいいけれど、教室ではなるべく本物を使いたいと心がけています。
これは、かなり粉だらけ教室になりそうな予感(笑)
オーソドックスであればあるほど、各自思い出の味や定番のコレがあるもの。
アップルパイは、本当にそうですね。
なればこそ、丁寧に作ってみて、アップルパイって実はこんなに手がかかるんだ!と思って、プロをリスペクトしてほしいなぁと思っています。
ショッソン アップルパイクラス
11/15 13:30〜
11/21 10:30〜
2018 美の旅(笑)
今年も恒例 sweet kitchenの皆さんと、秋の小旅行に行ってきました。

滋賀 秋の美を愛でる旅。

米原ローザンベリーで秋の庭を鑑賞して



野菜いっぱいのビュッフェランチを頂きました。
朝のうちの雨も上がって、ガーデンは台風の被害がありながらも美しく、目福腹福を満喫して

次は信楽のミホミュージアム。
ここは私的に今回是非行きたかったところです。
ある宗教の私営のミュージアムですが、規模や収蔵品が!

山深い場所に近未来が出現したようなエントランス


月並みな表現ですが、行かないと分からないスケールと世界観に圧倒されました。

カトラリーやカップもミュージアムオリジナル。
駆け足で、もっと見たかったけど開館期間も限定だし、次はいつ行けるのでしょう。

そして、夕映えの美しいセトレマリーナ琵琶湖で夕食。
滋賀が誇る企業ヤンマーが運営するホテルです。
ここも以前お茶だけして、静謐な佇まいと清潔感が素晴らしく、今回是非皆さんをお連れしたかった場所でした。

イケメンホテルマンさんの気配りと、私の交渉力で(笑)少ない人数でしたがパーティルームを貸し切りにして軽いディナー





旅を通じて、お隣滋賀県のホスピタリティを感じました。
すごいね、さすが近江商人。
今回行った何処も、訴えかける何かを持っていたように感じました。

教室メンバーの皆さんも、それぞれ何かを感じていただけたはず。

今回は、お菓子関連からちょっと外れましたが、以前にもまして心が動くような1日でした。
参加された皆さん、お疲れ様でした!
10〜11月の教室予定
今年もあと2か月です。あっという間に1年‥‥ラストスパート頑張らねば!


県内産コシヒカリの米粉使用のどら焼き
芦原 富津金時を使った芋ようかん

芋ようかんは、寒天を使った本格的な作り方ですが、富津金時ペーストを使えばとても手軽にできます。
10/31 10:30〜
11/3 19:00〜
11/7 10:30〜




栗のタルト
アーモンドクリームに黒糖を使ったり、ホイップクリームにメープルシュガーを使ったりと、ちょっとひねったお味。
決め手はカリカリのクラックラン。4パーツで一見難しそうですが、時間内に仕上がるように段取りしてお待ちしてます。
11/13 10:30〜
来月にかけて、このクラスはまたあります。その際は雪をかぶったようなビジュアルから、クリスマスバージョンにしてもいいなと思っています。

アップルパイ ショッソンタイプ

タルトタタンは、デモのスタイルで何回かしたことがあるのですが、アップルパイは無かったかも‥
ショッソンとはバレエシューズのことで、それを2つに折ったような形のパイのこと。
せっかくなので速成折パイ生地もして頂こうと構成を考えています。
11/15 13:30〜
11/21 10:30〜
試作完成の写真は撮り忘れて某所へ行ってしまった(笑)

出来上がったら、またアップします。
アイシングクッキーひさびさに

今年は本当に台風が多かったですね。
今も外は、強い風が吹き荒れています。

雲でお月様も見えません。
こんな晩にアイシングクッキー。

お茶会のお土産にとオーダー頂きました。

枚数が多いので、ベースをドロップして。

赤目をチョンチョンして、少しだけ模様をつけました。


今日はフェーン現象で暑かったので、エアコンをつけていて乾きが早かったです。
季節が落ち着いてきたので、またアイシングクッキーをぼちぼち作っていきます。